【ダイエットで痩せられない人必見!】2ヶ月で10kg痩せたダイエットの本質

Diet

こんにちは、はなちゃんです。

突然ですが、この記事を読んでいる方で、ダイエットが上手くいった経験をお持ちの方はどれくらいいらっしゃいますか?

恐らくですが、ほとんどの方が

  • すぐにリバウンドしちゃう
  • 自分は意志が弱いから続けられない
  • 1ヶ月やっても結果が出ないから諦めた
  • 好きな人のためにダイエット始めたのに、痩せる前にその人に恋人ができてた

など、様々な理由をお持ちだと思います。

ブログ運営者である僕も、上記のことは全て経験しており、一度は心身ともにやられたことがあるんですけど、今回お教えする方法で挫折せずに結果を出せたので、さっそく紹介していきましょう!

*お医者様にかかっている方は、必ず担当医の指示に従って下さい。

ダイエットの原則

今回はダイエットを分かりやすく説明するために、食事に焦点を当てて解説します。(運動に関するダイエットはまた後日投稿します)

まずは、食事ダイエットの種類、論理について見ていきましょう。

ダイエットには2種類しか存在しない

そもそも食事に関するダイエットには2種類しかないのはご存知でしょうか?

一つ目が低脂質ダイエット(Low-fat diet)で、揚げ物をやカロリーを減らすという一般的に皆さんがよくされているダイエット方法です。

二つ目が低糖質ダイエット(Low-carbohydrate diet)で、白米や麺類等、炭水化物が多く含まれている食品を控えるダイエット方法です。

毎年テレビでは豆腐ダイエットやバナナダイエット等、一つの食材に注目した特集をしますが、いずれも、上記で説明したどちらかに当てはまります。

ダイエットの論理

人間の体は三大栄養素といって「タンパク質」「脂質」「糖質」を食べ物から摂取することで作られています。

しかし、髪の毛や爪、筋肉を構成するタンパク質を減らすという選択肢はあり得ませんので(そんなダイエット方があっても絶対に実践しないでください)、必然的に脂質か糖質のどちらかを減らすのがダイエットのセオリーとなります。

多くの人は、このことをあまり理解しておらず、中途半端に脂質や糖質を減らすといったダイエットをしてしまい、失敗しているように感じます。

糖質制限をしよう!

結局、どっちのダイエットをしたらいいの….?

お待たせしました。

ズバリ!低糖質ダイエット(以下、糖質制限)を始めましょう!

糖質制限のメリット①:効果が出るのが早い

今までエネルギー源として白米からブドウ糖を摂取していましたが、糖質制限をすると、脂質をエネルギー源にするケトン体が体内で生成されるようになります。

このケトン体というのは、簡単に説明すると脂質を餌にしているので、体脂肪をガンガン食い尽くして、瞬く間に痩せていきます。

糖質制限のメリット②:肌荒れが改善される

糖質を過剰に摂取すると、ビタミンB2を大量に消費してしまい、肌の皮脂の分泌が正常に機能しなくなります。

つまり、糖質制限をすることでビタミンB2のバランスを保つことができ、肌のターンオーバーのリズムを整えてくれることになります。

また別の記事で書こうと思うのですが、洗顔後に「化粧水」や「クリーム」を塗っている人って多いですよね?

実は、これってかなりお肌を傷つけていることになるので、「ワセリン」を塗ることをお勧めします。

500円もしないのでコスパ最強です。

糖質制限のデメリット①:食費が高い

糖質制限をするということは、「タンパク質」「脂質」をメインに食事することになるので、「魚」「肉」をたくさん摂取することになります。

スーパーに行ったことがある人なら分かると思うのですが、魚や肉って定価じゃ買えない経験ってありませんか?

半額シールが貼られていればいいんですけど、結局は、糖質であるパスタやうどんの方に流れていくパターンが多いように感じます。

あと、恋人と同居している方は、食べられる物が限られているので、献立で喧嘩にならないように気をつけてください。

糖質制限に慣れるまでは、イライラすることが多くあるので、きちんと理解を得た上で行いましょう。

糖質制限のデメリット②:食事が同じになりがち

実は、糖質って意外なところに潜んでいて焼肉のタレやドレッシングなんかにも多く含まれています。

糖質制限を始めた当初は、味付けを極力控えるため、朝は茹で卵と納豆、昼と夜は毎日鳥の塩焼き生活なんてことも当たり前のようにありました。笑

この記事を見ている人には、こんなことで挫折して欲しくありません。

ということで、この記事の最後にとっておきのお知らせがあるので是非このまま読み進めていってください!

糖質制限のやり方

やり方はとてもシンプルです。

それは、糖質(炭水化物)の摂取量を60g/日にすればいいだけ。

細かい注意点はいくつかありますけど、絶対に守ってほしいこととしては

  • 中途半端な糖質制限をしない
  • タンパク質を必ず摂る

以上のことは最低限守ってください。

中途半端な糖質制限をしない

メリット①でも述べましたが、糖質(ブドウ糖)から得たエネルギーを脂質(ケトン体)から得たエネルギーに切り替えるのが糖質制限なので、「ちょっとくらい白米食べてもよくない?」等、甘い気持ちで糖質60gを超えていたら、いつまで経ってもエネルギーが脂質に切り替わりません。

やるからには中途半端にせず、徹底的に。

初心者の人に特に気をつけてほしいのは、食品を買う際に成分表示を見る癖をつけてほしいということです。

こんなやつ↓

ここに記載されている炭水化物の欄の数字を足して、60g/日にする癖をつけましょう。

ただ、加工食品等には成分表示があるのですが、生肉や鮮魚、生鮮野菜等は成分表がありませんので、ネットで必ず炭水化物の含有量を調べてから食べることを徹底してください。(近いうちに炭水化物早見表等も作ろうかな)

習慣付いたら勝手に覚えるようになります。笑

タンパク質/脂質を必ず摂る

ケトン体は脂質を食べてくれると言いましたが、体内の脂質が不足すると次は筋肉を分解してエネルギーを得ようとします。

これは体脂肪を付けろと言ってるのではなく、「MTCオイル」「ココナッツオイル」といった良質な脂質を摂取してくださいということです。(→詳しくはこちらから)

また、体脂肪を燃やしてくれるので、筋トレなどを行い、ザバス等のサプリメント、肉や魚からタンパク質を取り入れれば、筋肉の分解を防ぎ健康な体を維持することができます。

まとめ

ダイエット成功するか不安だよ

ここまで読んでくださった人は、ある程度糖質制限のイメージが湧いてきたと思います。

正直な感想、ちょーーーーハードゲー!\(^o^)/ワロタ

しかし、それでも僕は絶対糖質制限をお勧めしたい。

恐らく、ほとんどの人は低脂質ダイエットしかやったことないと思います。

「これまで誘惑に負けず、ストイックにダイエットした!」って胸張って言える人って何人いますか?

「低脂質だから揚げ物食べなければいいんでしょう?」とか言いながら、夜食にポテトチップスやチョコレートを食べてダイエットに失敗した。

心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

………………………………………………

一度だけ僕と一緒に本気で向き合ってみませんか?

これから本気で糖質制限に取り組む人に挫折して欲しくないので、発表があります。

糖質制限用レシピ大公開!!

これはどういった企画かというと、デメリット②でも述べましたが、食事が偏り飽きがくることが多々あります。

そこで、誰でも作れる糖質制限用のレシピを1ヶ月間毎日更新します!!

また見た目にも飽きて欲しくないという思いから、オシャレな色合いや盛り付けも意識していくので、楽しみにしておいて下さい!

予定としては、2月の初めからやっていこうと思います!

最後に

分かりやすく説明するために説明を省いた箇所もありますが、時間がある時に追加で記事を投稿していきます。

正直、脂質制限にしろ糖質制限にしろ、必ず忍耐力が求められます。

だから、これを見ている人は一人でやってると思わずに、他にも仲間がたくさんいるんだと思って取り組んでみて下さい。

長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました